マイクロチップ電気泳動(Microchips electrophoresis (ME),)は微小基板上に作製した微細な流路内に、試料溶液を注入した後、両端に高電圧(数kV、数十kV)を掛けて電気泳動を行うことにより試料溶液成分を荷電・大きさ・形などに基づく移動度の差異で分離され、検出器より試料成分の検出が行われます。
 MicruX Technologies社は、オビエド大学(アストゥリアス、スペイン)のスピンオフとして2008年に設立されたベンチャー企業です。2名教授の二つのグループがマイクロチップ電気泳動の研究に関する商品を開発しています。MicruX Technologies社の詳しい情報をhttp://www.micruxfluidic.comに考してください。
 MicruX Technologies社の商品特徴はマイクロチップをチップホルダーにセットして、支持電解液と試料をセットします。HVSTATポテンショスタットでマイクロチップ両端に高電圧(数kV)を掛けて電気泳動を行い、分離された成分をアンペロメトリ-で検出します。つまり、マイクロチップによるフロー電気化学検出方法です。操作は簡単で、電気泳動、電気化学検出がパソコンで制御されます。

電極付きのマイクロチップ

主に、二つのタイプがあります。この中、電極の種類より、分類されます。
SU-8 / PYREX MICROCHIPS WITH ELECTRODES(PDF)
SU-8 / PYREX MICROCHIPS WITH MICROELECTRODES(PDF)


 

マイクロチップホルダー

マイクロチップをホルダーにセットして、支持電解液と試料を充填します。
主に、二つのタイプがあります
MICROCHIP HOLDER DC SERIES(PDF)
MICROCHIP HOLDER SC SERIES(PDF)



ポテンショスタット MicruX HVSTAT

 HVStatは二つの機能を持ちます。高電圧電源とバイポテンショスタットです。全ての操作はソフトで制御されます。

主な仕様 高電圧電源
最大出力電圧 ±3,000V
最大出力電流 0.34mA
   
主な仕様 バイポテンショスタット
印加電位範囲 ±2V
印加電位分解能 1mV
電流レンジ 1nA〜1μA(4レンジ)
最大電流 ±2μA
電流分解能 1pA(1nAレンジ)
電気化学測定テクニック DCアンペロメトリ-(AD): パルスアンペロメトリ-(PAD)

インターケミ株式会社
〒270-0013千葉県松戸市小金きよしヶ丘3-7-7
TEL: 047-344-8558  FAX: 047-344-8108
http://www.autolabj.com
e-mail:
sales@autolabj.com
All Rights Reserved