飽和KCl銀塩化銀参照電極(ダブルジャンクションホルダー付き)
Saturated Ag/AgCl Reference Electrode with Double Junction(

Ag/AgCl040 銀塩化銀参照電極(直径は4mm、長さ65mm)

 飽和KCl銀・塩化銀参照電極は実験でよく使われる基準電極のひとつであります。
 AgCl + e = Ag + Cl-   E0 = 0.199V vs NHE  25 ℃
 
電極の構成はAg/AgCl/飽和KCl溶液であります。電極の中身は溶融されるAgClにコーティングされた銀線です。溶液は飽和KClです。この電極の特徴は内部液を交換又は追加することができます。電極の寿命は長くなります。液絡部は多孔セラミックスです。
 電極の上部は(CTFE)耐薬品性樹脂(黒)です。樹脂の真中にねじこみの形になっています。ねじを取り外して、KCl溶液を入れます。電極のガラス管の直径は4mmです。トータル長さは65mmです。このサイズはAutolab社のEQCMセルにとPINE社の石英ガラス製光電気化学セルに使われます。

定価6,800円

Ag/AgCl025

銀塩化銀参照電極(直径は2.5mm、長さ約60mm)

分光或いは発光電気化学の測定に、参照電極は光セルに挿入されるため、細い、小さい参照電極は要求されます。Ag/AgCl/025参照電極はこのためです。電極の構成はAg/AgCl//飽和KCl溶液であります。電極は直径2.5oガラスチューブで作られ、長さは約60oです。中身は溶融されるAgClにコーティングされた銀線です。電極上部の穴から、お客様は飽和KCl溶液を入れて、二日以上放置して電位は安定してから使えます。液絡部は多孔セラミックスです。

定価6,600円

  詳しい図面を描いたアクセサリーカタログ(価格付、PDFファイル)をe-mailで、送ることが出来ます。下記のアドレスにアクセスして下さい。

インターケミ株式会社
〒270-0013千葉県松戸市小金きよしヶ丘3-7-7
TEL: 047-344-8558  FAX: 047-344-8108
e-mail:
sales@autolabj.com
All Rights Reserved