グラッシーカーボン作用電極
Glass carbon disk working electrode(ENGLISH

 グラッシーカ−ボン(Glass Carbon))電極は電位窓がかなり広く、化学的に安定で、使いやすい電極です。電極のサイズは右図の通りです。形状について、ディスク電極は最も一般的に、(例、サイクリックボルタンメトリーの測定)使われています。ディスクの形状は、電極表面の磨き、洗浄等が簡単にできます。表面積の計算もし易いです。

GCWE グラッシーカーボン作用電極(OD:6.35mm、ID:3.0mm)
19,000円

 

 GCWEのグラッシーカ−材料はドイツHTW社製SIGRADURR Gです。2000℃の高温で製造され、純度は高いです。米国のPINE RESEACH社も、同じなグラッシーカ−材料を使用しています。当社の販売価格の22,000円から、19,000円に値下げしました。

 電極のシュラウド材料はCTFE (テトラフルオロエチレン)樹脂です。外径はインチの1/4"で、6.35mmです。CTFEは耐薬品性樹脂で、米国から輸入されます。米国の電気化学電極メーカーによく使用されます。ユーザーの情報よって、加熱硫酸溶液に、PEEKより、優れるようです。下表は各溶液の7日浸漬の結果です。

薬品名
重量変化(%)
塩 酸(35%) +0.1
硫 酸(98%) 0.0
フッ酸 0.0
苛性ソーダ(NaOH)(50%) 0.0
アンモニア水(28%) 0.0
メタノール +0.2
アンモニア水(28%) +0.1
クロロホルム +6.6
トルエン +3.7
ベンゼン +3.9
M E  K +3.3
酢酸エチル +3.6
ジエチルアミン +1.9
フェノール +0.1

 

Glass carbon構造

インターケミ株式会社
〒270-0013千葉県松戸市小金きよしヶ丘3-7-7
TEL: 047-344-8558  FAX: 047-344-8108
e-mail:
sales@autolabj.com
All Rights Reserved