インピーダンスアナライザー
(FRA Frequency Response Analysis)

電気化学インピーダンス測定

  界面、センサーと腐食等の研究にインピーダンス測定はよく使用されています。最近、電池、燃料電池の研究が増えて、インピーダンス測定がもっと重要になっています。交流インピーダンス測定方法にはFFTアナライザーとFRA(frequency response analyzer)を用いた方法があります。FFTの特徴はFRAによる方法よりも演算が速くなります。しかしその反面、低周波数域における測定精度はFRAによる方法よりも劣るという欠点はあります。
  AUTOLABのインピーダンス測定はFRA方法です。高速発展のコンピュータ技術を活用して、測定と演算時間が短くなっています。その他に、特徴を持つソフトより、測定パーラーメタに正弦波1、5と15個の選択ができます。正弦波1を選択すれば、普通のシングル正弦波になります。正弦波5を選択すれば、同時に5つの正弦波が発生します。その結果、シングル正弦波と比べると、測定と演算時間が1/5になります。正弦波15を選択すれば、1/15になります。低周波数のインピーダンス測定に対して、有力な手段です。

  AUTOLABポテンショ/ガルバノスタットにFRA (Frequency Response Analysis)モジュールを内臓し、デジタル制御の関数発生器の正弦曲線で容易に電気化学インピーダンスを測定できます。測定された交流応答は増幅された後フィルターにかけられ,デジタル化されます。時間平均法より精度が向上しノイズが減少します。10μHzから1MHzの範囲で、定電位、電位スキャン、定電流、電流スキャン等のインピーダンス測定ができます。測定範囲は広くて、1mΩ〜100GΩになります。測定の結果はBode、Nyquist、インピーダンス、アドミタンスのいずれかで表示されます。

  

 シミュレーションとフィッティング  インピーダンスの等価回路を作って、簡単にシミュレーションすることができます。下図のように、測定されたデータと等価回路をフィッティングすることができます。

主な機能
周波数範囲 10μHz〜1MHz
周波数分解能 0.003%
交流DC電位 ±10V
測定範囲 1mΩ〜100GΩ
交流信号タイプ 1正弦波、5正弦波と151正弦波
交流振幅 0.2mV〜0.35Vrms、2mV〜3.5Vrms(オプション)
データ表示 Nyquist, Bode, Admittance,Dielectric and Mott-Schottky
データ分析 Fit and Simulation, Find circle, Element subtraction, Kramers-Kronig
対応PGSTAT PGSTAT128N、PGSTAT302N、PGSTAT100N
   

インターケミ株式会社
〒270-0013千葉県松戸市小金きよしヶ丘3-7-7
TEL: 047-344-8558  FAX: 047-344-8108
e-mail:
sales@autolabj.com
All Rights Reserved